ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新年のご挨拶&展示会のお知らせ | main | 雲南まきまきプロジェクト進行中★ >>
2016.01.10 Sunday

タンザニアの呪術師の言葉

今さっき、昨年からカジリ始めたヨーガ教室での会話の中で、タンザニアの呪術師から言われた言葉を思い出しました。
なんだかこの感覚を忘れたくないので書きます。

わたしは昨年の7月にタンザニアを訪れた際に生まれて初めて呪術師という方に会いに行き、みて頂きました。
DSC06425.JPG
他の旅メンバーもみんな一緒に行ったんですが、そこは乾燥地帯で風も強く砂埃の酷いところにポツンとポツンと集落があり、その一つに呪術師がいるそうな。
呪術師って一体どんなもんじゃいと半信半疑、でも少しドキドキしつつ会ってみると一見恐そうなおばあちゃんでした。でも笑うとかわいい。帽子もかわいい。
みんなキンチョーしながらも順にみてもらうんですが、わたしは2番目でした。日本語⇔スワヒリ語⇔そこの言語に訳してもらいながらおばあちゃんのお話を聞きます。

DSC06443.JPG

おばあちゃんの持ってる筒?ひょうたん?みたいなモノを目の前に差し出され、この入り口に息をふーふーと二回吹きかけろと言われ吹きかけると、おばあちゃんはその筒をカシャンカシャンと振り、その中から石をひとつ、またひとつと出しました。
どうやらその出て来た二つの石から占うらしい。その石を手のひらでコロコロしながら私にこう言いました。
「あなたはとても良い女の子です。何も問題ありません。」
…しぇーーーーー!
それってどうゆうことなんだろう?ってゆうかおばあちゃん適当に言ってやしないかい?

それよりもこの後のことがすごく印象に残っているのです。
その後、他に何か聞きたいことは?っと聞かれ、うーーーーーーーんと悩み、でもありきたりな事は聞きたくないし、むむむ。。。
ずっと考えて悩んで苦しかった誰に聞いても答えを教えてくれないようなことを思い切って聞いてみました。
「世の中が良くなっていくために、わたしがするべき事、わたしに出来ることはなんですか?」
するとおばあちゃんは、
「考えてはいけません。神様があなたを導いてくれます。」
その後も何か言ってくれてたような気がするけどこれしか憶えてない。この言葉を言われた瞬間に目からポロポロポロポロ涙が溢れてきて、自分でもビックリ仰天。それからしばらく、その言葉が離れず思い出す度に涙があふれる。冷静に聞いたら、はぁ、神様がねぇ、、、とかって思っちゃうかもしれないけど、不思議なもんであの時あの言葉がふわーっとお日様が雪を溶かすみたいに心の強張りを解いてくれたのです。
あんなに涙が出て、こんなに印象深くて、「考えてはいけません、かんがえてはいけません、かんがえてはいけません」って帰国してからも何かというと思い出すのに、その言葉の意味を心では感じているんだけどイマイチ頭でわかっていなくて文章に落とせなくてもやもやしていました。
でもでもそれがさっき、ピーンと来たのです!

私が教わっているヨーガの先生が、教室での会話の中でこんなことを言いました。
「エネルギーが高まっている時にしか求めている先生・魂には出会えない。」
先生がインドでヨーガを学んでいる時、ヨーガの何もかもがわからなくなり苦しい時が数年続いていたそうです。そんなとき、尊敬するヨーガの先生に会う機会があり、その苦しみを思い切って相談しました。
そしたらその尊敬する先生は「その情熱があれば大丈夫。」そう言ってくれ、とても心が軽くなったそうです。

つまり、こうしたいとか、こうなりたいとか、それを願えば願うほど、それに情熱を持てば持つほど、”それ”はやってくる。
”その程度”の願い、思い、気持ちなら”その程度”のものがくる。
つまりつまり、考えてはいけない。
神様が”それ”導いてくれるから考えなくていいんだよってことなんだね。

はー!すっきりしたー!意味わかんない人もいるかもしれないけど、私はすっきりしたー!ありがとうございます!
スッキリ出来たってことは私のエネルギーも徐々に高まってるのかな。だといいな♪
 
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album