ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2011.01.04 Tuesday

2011年最初のお手紙。

みなさん、こんにちは!

2011年どんなスタートをきりましたか?
みんなが幸せに過ごせる
そんな一年になればいいな〜と思っております。 

今日はしばらくお手紙を出せていなかった
セリアへの手紙を書きました。

手紙と作ったペンダントと写真をセットにして。

真ん中の写真のネックレスは、
セリアや途上国に住む女性をイメージしながら制作したもので、
セリアへの手紙にもそう書きました。

いつもそうですが、
手紙を書く時は、やっぱり色々と考えさせられます。

良い事も悪い事も考えてしまうけど、
いつも最後にたどり着くのは Hope。

このちっぽけな手紙やちっぽけな作品も、
どこかで誰かに少しでも希望を与える事が出来ているなら
それでいいんですよね。

そんなちっぽけな願いを持ち続けていることが
大切ですよね。


セリアへの手紙を書きながら、

今年も精一杯頑張ろう!

っと心に誓った新年でした。



皆様にとっても 私にとっても
実りのある一年でありますように!!!


2010.09.19 Sunday

届いています。

こんにちは!

昨晩、家に帰るとプラン・ジャパンから手紙が!

もしや!?っと思いすぐさま封筒を開けると、、、


やっぱり!カメルーンからお便りでした☆

セリアちゃんいつの間にこんなに大きくなったの!?!?

っと驚きながら手紙を読むと、
この手紙を書いたのも写真の女性もセリアではなく
セリアの叔母のエドウィッジでした。
ビックリしたぁ〜

プラン・ジャパンが私の手紙を届けた時、
セリアは農場へ行っていた為に
代わりに書いてくれたようです。

いつだかもらった手紙もセリアがいなくて
セリアのお兄ちゃんが手紙をくれました。

私たちの手紙を届けて、翻訳してくれるプラン・ジャパンの方は
限られた時にしか現地に行けないので、
このような事はよくあるのです。

セリアの様子が見れなかったのは残念ですが、
届いた写真をよーーーく見ると
わかります?
私が作って送ったネックレス☆
ちゃんとカメルーンまで届いています。

ネックレスを手にとった時、
エドウィッジはどんな表情をしたのでしょう?







どうか

キラキラとした未来が 見えていますように。

2010.08.08 Sunday

Because I am a Girl.

こんにちわ!

最近は仕事がお休みなので更新が頻繁です!

このお休みの間に本を一冊読みました。


「貧しい国で女の子として生きるということ
 開発途上国からの5つの物語」 
編: 遊タイム出版
編集協力: プラン・ジャパン 

この本は、私と私が文通しているセリアちゃんとを繋いでくれている
というキャンペーンを通じて発信し続けているメッセージに
共感した遊タイム出版が編集・発行したものです。

内容は、インド、リベリア、ネパール、ボリビア、セネガルの5人の
女の子の日常を綴ったストーリーと、女の子たちのイメージ写真が中心。
彼女たちの直面する過酷な現実が浮き彫りにされています。



「女の子だから」

それだけの理由で過酷な生活の中にいるなんて。
同じ女性としてやりきれない思いになります。


「でも、そんな女の子たちがきちんと教育を受ける事ができたなら
女の子のパワーは村を、国を、そして世界を幸せにします。」
(プラン・ジャパンHPより)


そう信じて、まず私に出来る事は伝えること。

みなさんも知ってください。



2010.04.16 Friday

フェアトレード

こんばんわ☆

今日は最近私が購入したものをご紹介。


アフリカのマラウィで作られたハチミツと、
ケニヤで作られたハイビスカスティー。

このハチミツとティーはフェアトレード商品なんです。

皆さんはフェアトレードってご存知ですか?

フェアトレードは直訳すると公平な貿易。
経済的にも社会的にも立場の弱い途上国の生産者に、
公正な賃金や労働条件を保証した価格で商品を購入する事で
途上国の自立や環境保全を支援する国際協力の新しい形態です。

私は1年くらい前に初めて知ったのですが、
考えてみればファアトレードって当たり前の事ですよね。

まだフェアトレード商品を取り扱っているお店は少ないようですが、
この前、実際に直接購入できる機会があったので買ってみました☆

ケニア産のハイビスカスティー。

ハイビスカスの花びらを4欠片ぐらいカップに入れてお湯を注ぐと
だんだんとキレイな色が出て来ます。

3分ほど待つとこんなキレイな色に!

写真では本物の鮮やかさが伝わりにくいですが、
とってもキレイな色でみとれてしまいます。

味はアセロラのような、少し梅のような酸味があって
なかなか美味しいです。
梅のような酸味があるので
お茶漬けにかけるお湯のかわりに注いでも美味しいと書いてありました。
今度ぜひチャレンジしてみたいです!

マラウィのハチミツは純粋ハチミツでとっても濃厚!
パンにつけて食べてます。
あと、ハイビスカスティーにハチミツを入れるとまろやかになると書いてあったので、
一緒に買ったマラウィのハチミツを入れて飲んだりしています。



私の買ったハイビスカスティーなどの
フェアトレード商品はPeople Treeで購入できます。

フェアトレード商品はあまり見かけないものが多いので
見るだけでも楽しい♪

食品だけでなく洋服やアクセサリーもあるので
皆さんも良かったら見てみてくださいね☆



2010.03.03 Wednesday

ちっぽけな手紙。

こんにちは!

個展やら何やらでなかなか送れていなかった
セリアちゃんへの手紙。

今日やっと送りました!
(なんのこと?という方はこちらへ

 

今回は、もうすぐ春だし日本らしい桜のカードに書きました。
あとは個展で作ったポストカードとネックレス、
私と姉の写っている写真を送りました。


カメルーンのセリアちゃんに届くのは4月か5月頃。

喜んでくれるといいな☆



ちょっと真面目なお話になってしまいますが、

私は、私の創り出すものが
世界中の人々に喜びをもたらすこと、幸せをもたらすことを願っています。

こんな大きな事を言っているけど、

手紙を送るたびに、
こんな手紙を送ったところで途上国の何が変わるの?

作品を作るたびに、
本当に人に幸せをもたらせてるの?

と不安になる事があります。

実際ほんの一部の人にしか伝わっていないだろうし、
手紙だって一人の子としか出来ていません。


でもでも、
それが今の私に出来る精一杯の事だから、それでいいんですよね。
少しずつ進んでいけば。


ちっぽけな私のちっぽけなパワーだけど、
世界には私のようなちっぽけなパワーを持って頑張っている人が沢山います。

ちっぽけなパワーでも沢山集まれば大きなパワー。

そう思って活動を続けて行きたいと思います。

私のパワーが少しでも大きなパワーになるように。
2009.12.16 Wednesday

文通してます。

こんばんは☆
もう12月半ばですね。はやい〜
個展まであっという間に過ぎていきそうです。。

今日は、私が作品制作以外でやっている事を
紹介したいと思います。(ちょっとマジメな話です。)

私は今年の4月頃から途上国の子供と手紙のやり取りを始めました。
この子がその相手のセリアちゃんです。
セリア

セリアちゃんはカメルーンに住んでいます。
なんで手紙の交換をしているのかというと、
簡単にいえばボランティアです。

プラン・ジャパンという世界65カ国で活動を展開する
国連に公認・登録された国際NGOが行っている
「プランスポンサーシップ」というものがあります。
これは支援金の月々3000円で、途上国の子どもや
住民たちが進める地域開発を資金面から継続的に支えるとともに、
手紙や写真などの交流を通じて、活動地域の人々との
相互理解を深めて精神的にも支えていくものです。

このブログにもいつもリンクを貼ってあるんですが
見てくださった方いるかな?
もし興味があったら是非プラン・ジャパンのサイトを
覗いてみてください。



私とセリアちゃんは今までに3通の手紙の交換をしました。
お互いの国に手紙が届くのに時間がかかるので
年に3〜4通ぐらいしか交換出来ませんが、
手紙の他にもノートや鉛筆などの小さなギフトも贈る事が
出来るので、毎回何にしようか楽しみながら迷ってます。

私の作った布のペンダントを贈ったりもしてます。
(金属だとお金になってしまうので、高価な素材は
使わないように気をつけてます。)

このボランティアと私の制作活動は関連がなさそうですが、
私にとっては切っても切れないものです。

私の制作活動で願うことは
「私の作品によって世界中のどんな人にも喜びをもたらすこと」

だから
私にとってこの手紙のやり取りはとても大切なものなのです。

みなさんにもこの事を伝えようと思って書かせて頂きました!
長々書いてしまいましたが
読んでくださって有り難うございます☆

ふ〜なんかスッキリ。
明日は仕事なので寝ます!
おやすみなさい☆






ポチッとお願いします♪

ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン

Powered by
30days Album